吹奏楽コンクールとは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND6】

☆こんにちは(^O^)/スキナレです。

【SOUND5】に続いて「響け♪ユーフォニアム TV1期」の第6回のお話しをしようと思いますが、今回は作品中で度々出てきている吹奏楽コンクールについての大会の流れと作品への関りを中心に掲載します。

基本的な作品情報は【SOUND1】をご覧ください。

 

 

☆吹奏楽コンクールとは?

吹奏楽をしている人たちの演奏技術を競う全国規模の大会

中学校・高校などの吹奏楽部の演奏を会場にいるお客さんや審査員の前で披露します。
そこで審査の上で、全国大会で金賞を目指す高校野球の甲子園のような大会で、正式名称は「全日本吹奏楽コンクール」です。

 

どんな演奏曲で日本一を決めるのか

課題曲と自由曲

主催者からあらかじめ指定された曲である「課題曲」5曲の中から1曲を選びます。さらに参加する吹奏楽部が好きな曲を選んで演奏できる「自由曲」1曲選び、「課題曲」と「自由曲」の合計2曲を演奏する形です。
 

 演奏時間

課題曲と自由曲を合わせて12分以内で必ず演奏しないといけません。

 

 

響け♪ユーフォニアムTVの作中でのコンクール演奏曲

 

TV1期の放送が2015年だったことから、その年のコンクールの実際の課題曲の1つである「プロヴァンスの風」とTVアニメオリジナルの架空の曲「三日月の舞」を自由曲として登場させています。

 

大会勝ち抜けルールとスケジュール

高校野球の甲子園大会のように、各地区や各都道府県などで演奏しながら全国を目指す形です。

全体的な流れ(名古屋の例)

名古屋の場合、愛知県の地区の1つである名古屋の「地区大会」で演奏を行います。その次に名古屋は愛知県ですから「県大会」で演奏を行い、さらに愛知県は東海地方ですから「支部大会」で演奏です。これらを突破すると「全国大会」出場となります。


全体的なスケジュール

地区大会から支部大会までが例年7月下旬頃から8月頃にかけて行われ、全国大会は10月下旬頃に行われることから、全国大会出場までとなると、およそ3か月ぐらいかけて全国大会での結果を決めていく流れです。


地区大会がない箇所(千葉県の例)

千葉県のように「地区大会」がなく、「県大会」から始まるような箇所もあります。


都道府県大会がない箇所(北海道の例)

北海道のように「県大会」がなく、「地区大会」の次はいきなり「支部大会」というような箇所もあります。


勝ち抜け方法とダメ金

演奏は審査員により「金賞」「銀賞」「銅賞」で評価されます。

さらに「金賞」の中から審査の上、次の大会へ推薦される吹奏楽部が選ばれます。この時「金賞」をとったにもかかわらず、上の大会へ進めなかった状態を一般的に「ダメ金」と呼んでいます。

スキナレ

2018年現在、中学校・高校の全国大会の会場は、名古屋国際会議場センチュリーホールなんだ。TV作品シリーズ中でも出てくるよ。高校野球で言うところの甲子園球場みたいな場所だね。
注意1
大会の細かいルールなどがありますが、全て正確に掲載すると複雑で肝心の事が伝わらない可能性があります。
知らない方に出来るだけ分かり易く伝えるために、そうしたものはあえてそぎ落として的を絞って説明しました。
注意2
加えて統一した大まかなイメージを持ってもらうため、大会の細かいルール・地区や都道府県ごとのスケジュール・参加団体の編成方法・審査基準などで、あえて正確な表現で記載していない個所もありますので、あらかじめご了承ください。

響け♪ユーフォニアムTVの作中での関り

北宇治高校吹奏楽部は宇治市にあるという設定で、宇治市は京都府にあります。

京都府の場合、地区大会がない都道府県ですので、「府大会」から全国を目指す形です。
「府大会」をTV1期で、「支部大会」から「全国大会」までをTV2期で取り上げています。
なお「支部大会」は京都府が関西地方にあることから、別名「関西大会」です。

☆スキナレの体験から(おわりに)

 

第6話では、高校から吹奏楽を始めた主人公久美子の同級生加藤葉月が、初心者ならではの大スランプに陥る場面があります。

彼女の場合、上手く吹けないことに焦りを感じて、楽器を吹くモチベーションが下がり気味になります。

 

僕も彼女と同じく高校から初心者で入部しました。

彼女の場合は上手く吹けないことにモチベーションが下がり気味になったようですが、僕は彼女とは違う理由でモチベーションが下がり気味になった時期があります。

僕自身はそもそも初心者ですから、上手く吹けないのは当たり前ぐらいに思っていたので、そのことで悩むことはありませんでした。

ただ初心者の場合、上手く1曲すら吹けませんから、皆で演奏する合奏には入れてもらえません。

各学校の吹奏楽部によって違うのでしょうが、僕の所属していた吹奏楽部の当時の練習の流れは、授業が終わって部室へ行き、楽器を持って空いている教室へ行きます。

そこで個人練習がスタートするのですが、この時は同じ楽器の先輩部員や同級生部員がいるので、割と賑やかで寂しくありません。

ただこの個人練習の時間が終わると、初心者以外の部員は音楽室へ出向き、合奏練習を行います。

そこで同じ楽器の初心者は僕だけでしたので、教室で1人ぼっちになります。

最初は練習して気がまぎれるのですが、初心者の時期の練習は1曲演奏する練習ではなく、同じ音をひたすら長く吹いたりです。

文章で伝えずらいのですが、分かりやすく例えますと「ド~~~~~~~」「レ~~~~~~」「ミ~~~~~~」というふうに吹くような、なんの動きもないような練習でした。

加えて腹式呼吸の練習です。

勿論基礎的な練習なので大事なのでしょうが、やっぱり人間ですから飽きてきました。

僕の学校のグランドは、校舎のすぐ隣でしたので、教室の窓から野球部やサッカー部の練習が見え、部員の掛け声などが教室の窓越しに漏れ聞こえてきます。

楽器を机に置いて練習を止めて、教室の窓からグランドをよく見つめていました。

その間、音楽室から合奏する音が聞こえてきます。

「グラウンドの運動部の部員は皆一緒に練習して過ごしているのに、部活に入っている自分はなんで1人なんだろうな」

 

「つまらないな。これだったら帰宅部でさっさと帰って好きなことするほうがマシだな」

 

毎日1人で取り残されている時、そんなことばかり考えていました。

「そもそもドラム叩きたくて入部したのに、さしてと言うか、全く興味がない見た目もかっこよくないユーフォニアムなんか、なんでやってるんだろうな」

だんだんネガティブになって、「そもそも論」にまで行きつくようになります。

 

皆さんは他の初心者部員と戯れたら良いじゃないかと思われるかもしれませんが、確かに他にも初心者部員の同級生はいました。

ただ楽器ごとで教室に分かれて練習していましたし、僕以外全員女子で、尚且つ皆真面目に練習していますので、雑談なんて出来るような雰囲気ではありません。(;^ω^)

よくクラスメイトに「女子が多くて羨ましい」的なことを言われましたし、今この記事をご覧いただいている吹奏楽部出身者でない皆さんも、ひょっとすると同じように思われているかもしれません。

でも実際は女子が多いということは、基本的には女子同士で行動したり一緒にいることが多いですから、そんな中に割って入れるようなことは実際出来ないです。

ですからそんな楽しいものではありません。

この辺りは吹奏楽部の世界を知らない男性の方にはなかなか伝わりませんが、吹奏楽部出身の男性の方なら文章だけでもよく伝わる世界でしょう。(^^;)

 

合奏が終わると別の楽器の親友がよく呼びに来てくれまして、音楽室へ出向き、別練習をしていた初心者を含めたミーティングが行われます。

その時あとから音楽室へ入っていきますので、何度も同じ個所を吹かされて顧問の先生に注意されて、そんな合奏練習を終えた同級生部員や先輩部員たちと、そうでない初心者部員とでは疲れ具合が違いますし、違う時間を過ごしていますから、話についていけません。

その当時あとから音楽室へ入っていくことに、何故だか恥ずかしさみたいなのを感じていました。

 

この辺の微妙な心境が、第6話の加藤葉月を見た時にぶり返してきたことをきっかけに、懐かしさとセンチメンタルが同居する僕が、今ここにいるということを実感します。

 

シリーズ一覧


響け♪ユーフォニアム TV1期 シリーズ一覧
新入生・新社会人の心のバイブル?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND1】 沢山人がいる中で手を挙げて意見を言えないのは日本人の気質?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND2】 中間管理職がよく陥る場面とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND3】 集団がいち早くまとまる方法は?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND4】 緊張しているときに実力が最大限発揮出来る方法とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND5】 吹奏楽コンクールとは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND6】 部活や会社を辞めないか辞めるかどっちが正解?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND7】 最後は神頼みよりも最短で成功できる方法とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND8】 優秀なライバルに挑む時に手助けとなるものは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND9】 自分が決めたことに対して、どのように周りに納得してもらうのか?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND10】 人が成長する瞬間とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND11】 スランプに陥った時に脱出する方法とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND12】 本番直前、頭が真っ白になって陥りやす状況とそこからの脱出方法とは?原作もTV放送も見たことないのにブルーレイ大人買い作品に思う。【SOUND13】