画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行

こんにちは(^^)/

 

ここでは試合中よく出てくる状況と言葉に的を絞って、サッカーのルールと用語の意味を「応用期 ナ行」として講座していきます。

「基礎期」と異なり、イメージし易いように具体的にチーム名と選手名を掲載して講座を展開していきます。

なお選手名は誠に申し訳ございませんが、敬称略とさせていただきました。

 

「応用期」はサッカーを何回か観たことがある方で、「順位はどうやって決まるか」とか「ハンド・スローイン・オフサイド等」といったルールと用語を既に知っている方を前提としています。

そこら辺が曖昧な方は「基礎期」を一度是非ご覧いただき、少し見ただけで大丈夫なようでしたら、すぐ「応用期」へ戻ってきましょう。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4


 

それではよろしくお願いいたします。(#^.^#)

ニア(にあ)

STEP1

まずグランドを2つの場所に分割します。

STEP2

STEP1を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、ボールがある側がグランドの中のニアと呼ばれる場所になります。
MEMO
ニアは英語で近いという意味合いがあります。

スキナレ

側は英語で「サイド」と呼ばれているから、TV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「ニア」のことを「ニアサイド」と話すこともあるよ。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ニアポスト(にあぽすと)

STEP1

まずグランドを2つの場所に分割します。

STEP2

STEP1を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、ボールがある側がグランドの中のニアと呼ばれる場所になります。
MEMO
ニアは英語で近いという意味合いがあります。

スキナレ

側は英語で「サイド」と呼ばれているから、TV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「ニア」のことを「ニアサイド」と話すこともあるよ。

STEP3

ゴールの両側にある棒ゴールポストと呼び、クロスバーと違いゴールポストは1つのゴールに対して2本あります。

スキナレ

ゴールポストはTV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが省略して「ポスト」と呼ぶことがあるよ。

STEP4

STEP3・4を受けて、ボールがある側ゴールポストニアポストと呼ばれています。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

 

 

講座一覧


基礎期
応用期
画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ア行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 カ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 サ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 タ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ヤ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ラ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ワ行
今サッカーやってるけど何の試合?