画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行

こんにちは(^^)/

 

ここでは試合中よく出てくる状況と言葉に的を絞って、サッカーのルールと用語の意味を「応用期 マ行」として講座していきます。

「基礎期」と異なり、イメージし易いように具体的にチーム名と選手名を掲載して講座を展開していきます。

なお選手名は誠に申し訳ございませんが、敬称略とさせていただきました。

 

「応用期」はサッカーを何回か観たことがある方で、「順位はどうやって決まるか」とか「ハンド・スローイン・オフサイド等」といったルールと用語を既に知っている方を前提としています。

そこら辺が曖昧な方は「基礎期」を一度是非ご覧いただき、少し見ただけで大丈夫なようでしたら、すぐ「応用期」へ戻ってきましょう。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4


 

それではよろしくお願いいたします。(#^.^#)

マーク(まーく)

STEP1

まずFWが相手ゴールに向かって得点を取るため近づいてきます。


STEP2

STEP1を受けて、相手はFWを近づかせないため、待ち構えて邪魔をしてきました。


STEP3

STEP2を受けて、待ち構えて邪魔するのではなく、FWに自分から近づいて邪魔しに行くのをマークと呼んでいます。

スキナレ

マークはTV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「チェック」と話すこともあるよ。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

マンツーマン(マンツーマン)

STEP1

まずFWが相手ゴールに向かって得点を取るため近づいてきます。


STEP2

STEP1を受けて、相手はFWを近づかせないため、待ち構えて邪魔をしてきました。


STEP3

STEP2を受けて、待ち構えて邪魔するのではなく、FWに自分から近づいて邪魔しに行くのをマークと呼んでいます。

スキナレ

マークはTV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「チェック」と話すこともあるよ。

STEP4

STEP3を受けて、FWは相手のマークから逃げるため移動しました。


STEP5

STEP4を受けて、相手はFWの邪魔をするため自分も同じように移動しました。


STEP6

STEP5を受けて、FWは相手の邪魔から逃げるため、さらに移動しました。


STEP7

STEP6を受けて、相手はFWに逃げられないように、自分も同じように動きました。このように同じ相手が同じ選手にしつこく付きまとうことマンツーマンと呼んでいます。

MEMO
マンツーマンは英語で1対1という意味合いではないようですが、1対1のレッスンをマンツーマンのレッスンという言葉で日常的に使っおり、そこからの連想で表現するようになっています。すなわち同じ相手が同じ選手にしつこく付きまとうことを1対1と考えているのです。

スキナレ

マンツーマンで守ることはTV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「マンツーマンディフェンス」と話すこともあるよ。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

 

 

 

講座一覧


基礎期
応用期
画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ア行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 カ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 サ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 タ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ヤ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ラ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ワ行
今サッカーやってるけど何の試合?