画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行

こんにちは(^^)/

 

ここでは試合中よく出てくる状況と言葉に的を絞って、サッカーのルールと用語の意味を「応用期 ハ行」として講座していきます。

「基礎期」と異なり、イメージし易いように具体的にチーム名と選手名を掲載して講座を展開していきます。

なお選手名は誠に申し訳ございませんが、敬称略とさせていただきました。

 

「応用期」はサッカーを何回か観たことがある方で、「順位はどうやって決まるか」とか「ハンド・スローイン・オフサイド等」といったルールと用語を既に知っている方を前提としています。

そこら辺が曖昧な方は「基礎期」を一度是非ご覧いただき、少し見ただけで大丈夫なようでしたら、すぐ「応用期」へ戻ってきましょう。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4


 

それではよろしくお願いいたします。(#^.^#)

ハーフ(はーふ)

STEP1

まずGK以外のフィールドプレイヤーをDF・MF・FWと3つに分けます。

STEP2

STEP1を受けて、MFの位置がハーフと呼ばれることがあります。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

バック(ばっく)

STEP1

まずGK以外のフィールドプレイヤーをDF・MF・FWと3つに分けます。

STEP2

STEP1を受けて、DFの位置がバックと呼ばれることがあります。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ファー(ふぁー)

STEP1

まずグランドを2つの場所に分割します。

STEP2

STEP1を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、ボールがある側の反対側がグランドの中のファーと呼ばれる場所になります。
MEMO
ファーは英語で遠いという意味合いがあります。

スキナレ

側は英語で「サイド」と呼ばれているから、TV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「ファー」のことを「ファーサイド」と話すこともあるよ。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ファーポスト(ふぁーぽすと)

STEP1

まずグランドを2つの場所に分割します。

STEP2

STEP1を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、ボールがある側の反対側がグランドの中のファーと呼ばれる場所になります。
MEMO
ファーは英語で遠いという意味合いがあります。

スキナレ

側は英語で「サイド」と呼ばれているから、TV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが「ファー」のことを「ファーサイド」と話すこともあるよ。

STEP3

ゴールの両側にある棒ゴールポストと呼び、クロスバーと違いゴールポストは1つのゴールに対して2本あります。

スキナレ

ゴールポストはTV中継の実況アナウンサーさんや解説者さんが省略して「ポスト」と呼ぶことがあるよ。

STEP4

STEP3・4を受けて、ボールがある側の反対側ゴールポストファーポストと呼ばれています。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

フィールドプレイヤー(ふぃーるどぷれいやー)

STEP1

サッカーは基本的に11人で1つのチームを作り、GKはその中でも唯一手や腕を使えます。

GKを除く残り10人の選手がフィールドプレイヤーです。逆に言えばフィールドプレイヤーはスローイン以外グランドの中では手や腕を使えませんので、GKと区別するためにもフィールドプレイヤーという言葉が存在します。
フィールドプレイヤーは、さらにフォワード(FW)、ミッドフィルダー(MF)、ディフェンダー(DF)と細かく分けられます。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

フォーバック(フォーバック)

STEP1

まずGK以外のフィールドプレイヤーをDF・MF・FWと3つに分けます。

STEP2

STEP1を受けて、DFの位置がバックと呼ばれることがあります。

STEP3

フォーメーション4-4-2や4-3-3、4-2-3-1のようにバックのDFが4人の状態フォーバックと言います。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

 

フォーメーション(ふぉーめーしょん)

サッカーは基本的に11人で1つのチームを作ることから、その11人をグランドの中のどこに立たせればよいのかを決めないといけません。その立たせる場所のことを配置と呼びます。
フォーメーションとは選手の配置を表したものと言えます。

STEP1

ゴールキーパー(GK)は手を使ってゴールを守ることから、あらかじめグランドの中の立たせる場所である配置は決まっています。


STEP2

次に考えることはサッカーは基本的に11人で1つのチームを作ることから、GKを除く残り10人のグランドの中の立たせる場所である配置を決めないといけません。
この10人はどこに何人配置してもよく、10人の配置とフォワード(FW)、ミッドフィルダー(MF)、ディフェンダー(DF)の内訳を表すものがSTEP3となります。


STEP3

フォーメーションをGKを除く10人の配置と内訳を表したものが数字とバーで表した「〇-〇-〇」というものです。この〇は左からDF・MF・FWの配置を表し数字はDF・MF・FWの配置される人数を意味し、以下フォーメーションの一例をSTEP3で掲載します。

MEMO
まとめると〇-〇-〇は左からDF-MF-FWを表し、数字はDF・MF・FWの人数、GKは除かれています。
4-4-2(よん-よん-に)

DFが4人、MFが4人、FWが2人の配置と人数です。

4-3-3(よん-さん-さん)

DFが4人、MFが3人、FWが3人の配置と人数です。

4-2-3-1(よん-に-さん-いち)

DFが4人、MFが2人と3人の合計5人、FWが2人の配置と人数です。

MFはDFとFWと違い攻撃と攻撃以外の守備などを両方行う選手です。
そのためMFについては攻撃を主に行うMFなのか攻撃以外の守備などを主に行うMFなのかの内訳を表すことがあります。攻撃以外の守備などとは、守備の、グランドの中央ではなく端(サイド)の方にいる選手の場所のことを指します。
4-2-3-1の場合、MF5人を攻撃3人と攻撃以外の守備2人で役割ごとに内訳を表しています。

MEMO
まとめるとMFは攻撃と攻撃以外の守備の役割や端(サイド)の場所に応じて内訳を表すことがあります。
3-5-2(さん-ご-に)

DFが3人、MFが5人、FWが2人の配置と人数です。

3-4-3(さん-よん-さん)

DFが3人、MFが4人、FWが3人の配置と人数です。

3-4-2-1(さん-よん-に-いち)

DFが3人、MFが4人と2人の合計6人、FWが1人の配置と人数です。3-4-2-1の場合、MF6人を攻撃2人と攻撃以外の守備など4人の役割や場所ごとに内訳を表しています。


【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ホーム(ほーむ)

STEP1

例えば広島県にスタジアムを持って、そこで相手チームを迎えて試合をするサンフレッチェ広島のようなチームの活動地をホームと呼びます。
MEMO
日本代表の活動地は日本になりますので、日本全体がホームということになります。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ボールサイド(ぼーるさいど)

STEP1

まずグランドを2つの場所に分割します。

STEP2

STEP1を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、2つの側をグランドの中のサイドと呼ばれる場所になります。

スキナレ

側は英語で「サイド」と呼ばれているから、2つに分けた場所をサイドと言って、よく使われる言葉だよ。

STEP3

STEP2を受けて、左図(または上図)と右図(または下図)ともに、ボールがある側をグランドの中のボールサイドと呼ばれる場所になります。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

ボランチ(ぼらんち)

STEP1

ハンドルを持って車をかじ取りして操縦しなければ、車はあらぬ方向へと進んで行ってしまいます。ハンドルはとても重要な道具で、車の進むべき方向を決めます。

MEMO
ボランチはポルトガル語で、かじ取りを意味します。

STEP2

まずGK以外のフィールドプレイヤーをDF・MF・FWと3つに分けます。

STEP3

STEP2を受けて、MFの位置がハーフと呼ばれることがあります。

STEP4

STEP3を受けて、MFのハーフの位置を攻撃と守備の2つの役割に分けて守備の役割の選手ディフェンシブハーフと呼ばれることがあります。
MEMO
ディフェンシブハーフは守備的MFと表現されることがあります。

STEP5

例えばフォーメーション4-4-2、3-4-2-1に当てはめると、〇で囲った選手がディフェンシブハーフの選手ということになります。

STEP6

STEP5を受けて、ディフェンシブハーフの中でも、ハンドルのようにかじを取り、他の味方の選手へパスを出したりして攻撃の方向を決める役割に特化した選手をボランチと呼ぶことがあります。

STEP7

左図(または上図)ボランチと右図(または下図)アンカーの違いは、パスを出しながら攻撃を組み立てるのがボランチ相手の侵入を防ぐため守備を頑張るのがアンカーという具合になります。
MEMO1
実のところボランチとアンカーは、同じディフェンシブハーフ(守備的MF)のくくりとして、違いはさほどないように思えますが、ディフェンシブハーフを攻撃に関わることが多いボランチと守備に関わることが多いアンカーで言葉として区別することがあります。
MEMO2
ボランチはディフェンシブハーフの位置にいることが多いですが、必ずしもそこだけにいるとは限りません。

スキナレ

ボランチはハンドルのようにパスを出す方向(ハンドルをきる方向)によって攻撃の方向(車が進む方向)を決める「かじ取りをする」ということだね。

【基礎期】 Vol.1  Vol.2  Vol.3  Vol.4
【応用期】                   

講座一覧


基礎期
応用期
画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ア行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 カ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 サ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 タ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ヤ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ラ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ワ行
今サッカーやってるけど何の試合?