画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・基礎期 Vol.3

こんにちは(^^)/

 

前回のVol.2に引き続き今回はVol.3です。

 

今回は人数とよく試合会場の電光掲示板やTV画面などに出てくる文字「GK・DF・MF・FW」についてお話したいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。(#^.^#)

・11人対11人

サッカーは1人でやるものではなく11人で1チームを作り、相手もまた11人で1チームを作って対戦します。

MEMO1
1チームあたり11人より少ない人数でサッカーをすることもあります。

多くの大会で1チームあたり11人で行いますので、ここではとりあえず「サッカーは1チーム11人」と大まかに捉えておいてください。

MEMO2
この1チームあたり11人というのはグランドに入れる人数という意味で、交代で入れる人もいますが、その人数は大会により違ってきます。

・GK(ゴールキーパー)

主な位置と役割は、自分たちのゴール前にいて相手のシュートを止めることになります。

GKは「ゴールキーパー」と呼びます。
サッカーは手や腕を使えないスポーツでしたよね。
しかしGKは手や腕を使ってボールを扱ったり、相手のシュートを止めることができます。

MEMO
GKは手や腕を使えるので他の手や腕を使えない人と区別するため、ユニフォームの色が自分のチームの他の人と違っていたりします。

・DF(ディフェンダー)

主な位置と役割は、GKの前にいて自分たちのゴールにボールを入れられないように守ることとなります。

DFは「ディフェンダー」と呼びます。
GKと違い手や腕を使わずに自分たちのゴールにボールを入れられないように体を張って守ります。

・MF(ミッドフィルダー)

主な位置と役割は、DFの前にいて自分たちのゴールにボールを入れられないように守ることと相手のゴールにシュートを打つために自分たちのチームの他の人にパスを出すこととなります。

MFは「ミッドフィルダー」と呼びます。
GKと違い手や腕を使わずに自分たちのゴールにボールを入れられないように守ることもあれば、シュートを打つために自分たちのチームの他の人にパスを出したりします。

・FW(フォワード)

主な位置と役割は、MFの前にいて相手のゴールにボールを入れるためシュートを打つこととなります。

FWは「フォワード」と呼びます。
相手のゴールにボールを入れて得点を取りに行くことが多い役割です。
そのためGK・DF・MFと違い、相手のゴールに向かってシュートを打つことが最も多くなります。

・まとめ

GK・DF・MF・FWについて、例えばDFがいつも守るだけとは限らず、相手のゴールに向かってシュートを打つこともあり、そうしたところで表現が正確でないところもあります。

ただ細かくなると、このGK・DF・MF・FWの役割がぼやけてきますので、今のところ大まかには以下のように記憶に残して頂きましょう。

  • GKは相手のシュートを手や腕で止める。
  • DFはGKの前で守る。
  • MFはFWとDFの間にいるので守ることも攻めることも両方行う。
  • FWは相手のゴールに向かってシュートを打つ。
  • GK以外は手や腕は使えない。

それでは休憩です。

スキナレ

よくついてきてくれてるねー。うれしいよー。

休憩が必要ない方は次のVol.4へ進んでください。次で基礎期は最後になります。

講座一覧


基礎期
応用期
画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ア行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 カ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 サ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 タ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ヤ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ラ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ワ行
今サッカーやってるけど何の試合?