画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・基礎期 Vol.2

こんにちは(^O^)/

Vol.1に続き今回はVol.2となります。

今回は主に選手の動きと反則を中心にお話を進めて行きます。

それではどうぞよろしくお願い致します。(#^.^#)

・ボールを蹴ることとボールを運ぶこと

相手をかわしながらボールを運ぶことを「ドリブル」と言います。
ボールを相手のゴール方向へ蹴ることは「シュート」と呼ばれています。

・ボールを渡すこととボールを受けること

ボールを足で使って蹴って仲間に渡すことを「パス」と言います。
仲間からパスされたボールを足や胸を使って操ることは「トラップ」と呼びます。

MEMO
ボールを頭で扱うことは「ヘディング」と言い、よくTV中継などでヘディングでシュートを打つ時に、アナウンサーさんが省略して「ヘッド~~~!」と絶叫することがあります。

・手や腕は使えません

ボールを体で扱える部分は手や腕以外となります。
手や腕を使ってボールを扱うと反則となり、「ハンドリング」と呼ばれています。

MEMO
よく試合では解説者さんやグランドの選手のハンドリングの主張の声をマイクが拾った時に、省略して「ハンド~~~!」と絶叫することがあります。

・イエローカードとレッドカード

反則があったかどうかは、主審(しゅしん)と呼ばれる審判が判定します。試合ではグランドの中で笛を吹いている人です。

反則したチームの選手は反則を受けた選手のチームに対し、ボールを渡さないといけません。

反則を受けた選手のチームは、渡されたボールを自由に自分たちのボールとして蹴って良いこととされています。これをフリーキックと呼んでいます。

反則が増えることを防止するため、警告の意味合いで黄色い色をしたカードが反則した選手に主審から示されます。
これを「イエローカード」と呼びます。

MEMO
イエローカードがある枚数たまると、たまった次の試合に出れなかったりして罰を受けることになります。
何枚で試合に出れなくなるのかは大会によって違います。

反則がひどい場合、イエローカードを待たずに赤い色をしたカードが反則した選手に主審から示されます。
これを「レッドカード」と呼びます。
イエローカードと違いこれをもらうと、もらった瞬間その選手はグランドから追い出されてサッカーができなくなります。

MEMO
イエローカードと違い何枚たまると試合に出れないというものはなく、レッドカード1枚で、もらった次の試合に出れなかったりして罰を受けることになります。

 

イエローカードにも限度があります。
反則をした選手が1試合で2枚イエローカードをもらうとレッドカード1枚となり、退場となります。

MEMO
どんな反則がイエローカードでレッドカードになるのかは、かなりの種類と数があります。ここではとりあえず、これらの大まかな意味と効果を掴んでおいてください。

・まとめ

 

Vol.2は主に選手の動きと反則を中心にお話ししました。

「何回言えばわかるの!出したものは元の場所に片付けなさい!もうイエローカードよ!」

こんなふうにイエローカードとレッドカードはサッカーに限らず、普段の日常会話の中でも聞こえてくることはあるかと思います。

これでほぼサッカーを半分見れるようになります。

それでは休憩しましょう。

スキナレ

約束守ってスキナレに戻って来てくれたんだねー。うれしいよー。

休憩が必要ない方は次のVol.3へどうぞ(*^-^*)

講座一覧


基礎期
応用期
画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ア行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 カ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 サ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 タ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ナ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ハ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 マ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ヤ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ラ行 画面片手にサッカーのルールと用語の意味の講座・応用期 ワ行
今サッカーやってるけど何の試合?